FC2ブログ

Home > ワンピース最新 > ワンピース第819話

ワンピース第819話

ワンピース第819話 光月家跡取り・モモの助の内容。

文章って難しいけどよくまとまっている・・。

明らかになった赤いポーネグリフ、光月一族、そしてモモの助の父親おでんがロジャーの仲間で、カイドウとワノ国の将軍によって処刑された事!

さすがのルフィも驚きを隠せないでいた。涙を拭うモモの助!どうやら錦えもん達を狙ったのは、おでんの部下から「世界の秘密」を聞き出す為だと判明する。しかしおでんは、部下に秘密を背負わせない為に、秘密を明らかにしなかったという。

そして光月おでんの残した言葉をつ伝える。それは・・・

「ワノ国を開国せよ!」といったものだった。ワノ国の将軍を打ち倒し、閉ざされた国を開国する事、それが錦えもん達の志願であり、その為にワノ国の将軍と手を組んだカイドウを撃破する同士を探して海に出たというのだ。

ミンク族は古くから光月一族と兄弟分であり、おでんの直属の家臣である事から、腹をすでに決めているという。しかしジャックが襲来し、兵器を使ったとはいえボロボロにやられた事に意気消沈。

しかしイヌアラシ曰く、次はそうはいかないと言い、次はミンク族の真の力をみせると自信有り気に答える。

錦えもんがルフィに願い出る、それは四皇カイドウを討ち取る為に力を貸して欲しいというものだった。ウソップやナミはこの願い出に喜ぶが、ルフィは錦えもんの願いを断る。

どうやらルフィは、一緒に戦って欲しいとモモの助の口から言って欲しいと思っていた。次の光月一族のモモの助は8歳だが、次の主人!多くの仲間を連れているモモの助に、力を貸して欲しいと言って欲しいルフィの言葉に、モモの助はカイドウが攻めて来て国が壊滅していった事を思い出し、涙がこみ上げてくる。

そして泣きながらにルフィに、力を貸して欲しいと頭を下げようとすると、ルフィはモモの助が頭を下げるのを止め、握手を求める。そして同盟がここに誕生する。

ルフィはモモの助を一人前としてみて、同盟ではなく仲間としてみていたのだ。これでカイドウをぶっ倒す忍者海賊ミンク侍同盟が結成される。しかし問題が一つあった。サンジを連れ戻す事、ルフィはペコムズと一緒に行って連れ戻してくると言う。

こうして忍者海賊ミンク侍同盟が結成された日の夜、イヌアラシとネコマムシの手打ちかを兼ねて宴が始まる。

その頃、ゾウの近くの海ではボロボロになった船がゾウに近づいていた。船の船長は旱害のジャック、ジャックが再びゾウへと戻って来たのだ。ミンク族の生命力の強さを警戒してトドメを刺しに戻ってきたジャックは、今度はゾウに攻め込まずに巨象をぶっ倒す事を決定する。

スポンサーサイト



[PR] ワンピース専門店::オンラインショップONEP.jp零号店


Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://onepjp.blog95.fc2.com/tb.php/259-f358483f
Listed below are links to weblogs that reference
ワンピース第819話 from ワンピースブログ

Home > ワンピース最新 > ワンピース第819話

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta

Page Top